日本全国 伝統織物百貨



お正月はお着物をお召しになられましたか。
着物を着ると背筋が伸び、心も不思議と
新鮮な気持ちになれますよね。

また着ると思った以上に暖かく、機能性にも優れています。

本日は久しぶりに着物のネタ。

私たち日本人も知らない、
日本の代表的な織物をご紹介していきます。
(染めも少し含みます)


では北から



○北海道

えぞ織
(ラベンダーやハスカップを染料を糸にして織り上げた織物、
伝統的な文様を刺繍を施したものも)

アシン織

ユーカラ織


東北地方

○青森県

津軽こぎん(つがるこぎん)
木綿糸で刺繍
$子どもへ伝える大切なもの








弘前手織(ひろさきており)



○岩手県

南部紬(なんぶつむぎ)
ふっくらとした草木染め、盛岡藩の城下で織られていた

南部草木染(なんぶくさきぞめ)
クルミ、ハシバミの木などの染料を用いる


○宮城県

仙台平(せんだいひら)
男物の袴地などの高級織物

白石紙子(しらいしかみこ)
カジノキの雌株が原料の紙布



○秋田県

南部茜染(なんぶあかねぞめ)
茜草の根の染料
$子どもへ伝える大切なもの










秋田八丈(あきたはちじょう)
ハマナスの根の皮からとった染料の織物
浜茄子は皇太子妃殿下のお印


○山形県

紅花紬(べにばなぞめ)
紅花からとった染料

米沢紬(よねざわつむぎ)
米沢盆地周辺で産出される紬織物、琉球紬に似ているので米琉とも

置賜紬(おいたまつむぎ)
上杉景勝が奨励したことがはじまり

白鷹お召し(しらたかおめし)
経糸に生糸、緯糸の地糸にお召し糸、絣糸に生糸を用いる

長井紬(ながいつむぎ)
長井地方で織り出される平織の絹織物

科布(しなふ)
山地に自生するシナノキの樹皮の繊維から作った織物

白鷹紬(しらたかつむぎ)
上杉鷹山公の産業振興策で奨励された、絹織物


○福島県

会津木綿(あいづもめん)
木綿平織の堅牢な織物、紺地に白い縞が一般的

川俣羽二重(かわまたはぶたえ)
純白で上品な光沢と柔らかな肌触りが良さ

青木木綿(あおきもめん)
青木地区で生産されるは藍で、染められた綿織物


からむし織(からむしおり)
奥会津と琉球にしか残っていない伝統



関東地方


○茨城県

本場結城紬(ほんばゆうきつむぎ)
日本三大紬のひとつ、紬といえば結城紬、国の重要無形文化財
詳しくは:結城紬 恋ころも

石下紬(いしげつむぎ)
石毛地方で織られる真綿紬、結城紬に比べると安価


○栃木県

真岡木綿(もおかもめん)
絹のような肌触りと言われる綿織物

足利織(あしかがおり)
銘仙が有名

益子木綿(ましこもめん)
の藍で染め、手紡ぎ、手織で仕上げる木綿織物


○群馬県

桐生織(きりゅうおり)
桐生市において特産とされる絹織物、日本三大織物産地のひとつ


○埼玉県

秩父織(ちちぶおり)
秩父銘仙が有名です。

武州青縞(ぶしゅうあおじま)
青縞は武州藍として全国に知られていました。

所沢絣(ところざわかすり)
あの竹久夢二が所沢織物の宣伝活動もしていました



○千葉県

銚子縮(ちょうしちぢみ)
木綿の縞織物、縦糸は強撚糸

上総木綿(かずさもめん)
山武郡・長生郡を中心に生産された木綿


唐棧織(とうざんおり)
綿織物で紺や赤・茶・黄等細い縦縞が特徴



○東京都

江戸小紋(えどこもん)
詳しくは:江戸小紋のおはなし

東京友禅(とうきょうゆうぜん)
日本三大友禅のひとつ

八王子織(はちおうじおり)
東京都の伝統工芸品(多摩織とも)

黄八丈(きはちじょう)
八丈島で織られる本草木染め、高級品
経済産業大臣指定伝統的工芸品
$子どもへ伝える大切なもの







吉野間道(よしのかんどう)
灰屋紹益が、吉野太夫に贈った吉野間道、名物裂の一つ

長板中形(ながいたちゅうがた)
長板本染中形の略称、ゆかたなどの型染め



○神奈川県

津久井紬(つくいつむぎ)
絶滅してしまった津久井紬、経糸は生糸、緯糸は玉糸




北陸地方



○新潟県

小千谷紬(おじやつむぎ)
くず繭を使った紬は自家用とした織物

小千谷縮(おじやちぢみ)
国の重要無形文化財、、ユネスコの無形文化遺産、縮織の麻織物


塩沢紬(しおざわつむぎ)
南魚沼市周辺で織られている絹織物

本塩沢絣(ほんしおざわかすり)
経済産業大臣指定伝統的工芸品、しぼの強い織物


越後上布(えちごじょうふ)
国の重要無形文化財、、ユネスコの無形文化遺産、平織の麻織物

十日町紬(とうかまちつむぎ)
十日町市で生産され織物、現在では多彩な産地

五泉平(ごせんひら)
五泉市で生産される男物の袴地



○富山県

福光麻布(ふくみつあさふ)
昭和天皇の即位の礼には幕地2000反がご用達された。

桑山紬(くわやまつむぎ)
農村での作業着などに用いられた



○石川県

牛首紬(うしくびつむぎ)
日本三大紬のひとつ、玉繭という双子の蚕の糸を用いる

能登上布(のとじょうふ)
高級麻織物、石川県無形文化財

白山紬(はくさんつむぎ)
白峰町で織り出された紬

小松綸子(こまつりんず)
小松市で生産される、なめらかで光沢がある絹織物

加賀友禅(かがゆうぜん)
国の指定伝統的工芸品、加賀五彩で染色する



○福井県

越前竹紙布(えちぜんたけしふ)
竹の繊維で作った紙布で織り上げています。

越前石田縞(えちぜんいしだしま)
鯖江市で生産される、先染めの織物



甲信地方



○山梨県

甲州印伝(こうしゅういんでん)
鹿革に漆で模様を付けたものが特徴だが、絹織物にも
詳しくは:うるし(漆器)と日本人

大石唐糸織(おおいしからいとおり)
黄縞が主体の厚手で重めの絹織物、緯糸が強撚糸



○長野県

信州紬(しんしゅうつむぎ)
経済産業大臣指定伝統的工芸品、長野県全域で生産される織物総称

上田紬(うえだつむぎ)
上田を集散地で織られた紬

伊那紬(いなつむぎ)
伊那地方で生産される絹織物

三才山紬(みさやまつむぎ)
100%草木染、横山氏が有名

山繭紬(やままゆつむぎ)
くぬぎやならの木の葉を食べて育つ天蚕がつくる繭から
とった糸で、織られる紬

飯田紬(いいだつむぎ)
飯田地方で生産されている絹織物


東海地方


○岐阜県

郡上紬(ぐじょうつむぎ)
郡上市八幡町で然染料で手織り織られる絹織物


○静岡県

遠州木綿(えんしゅうもめん)
静岡県西部地方の綿織物、アメノタナバタヒメミコトに由来

中形唐草染(ちゅうがたからくさそめ)
唐草文様の長板本染中形の型染め

ざざんざ織(ざざんざおり)
細糸を使い植物染料で染色


○愛知県

有松鳴海絞(ありまつなるみしぼり)
有松・鳴海地域を中心に生産される絞り染め
国の指定伝統的工芸品
$子どもへ伝える大切なもの










三河木綿(みかわもめん)
日本の綿のルーツとも言われている

知多木綿(ちたもめん)
三大綿織物生産地のひとつ、小幅織物

○三重県

松阪木綿(まつざかもめん)
藍色や茶褐色の縞模様が多い、綿織物
$子どもへ伝える大切なもの







伊勢木綿(いせもめん)
伊勢国で産する木綿縞、多く仕着せとして商家の奉公人が用いた


近畿地方


○滋賀県

近江上布(おうみじょうふ)
滋賀県湖東地方で生産される平織りの麻織物

長浜縮緬(ながはまちりめん)
長浜市で生産される絹織物、ちりめんの最高峰とも

秦荘紬(はたしょうつむぎ)
屑繭の糸を紡いで織った絹織物、その名のとおり秦氏と深い縁

高島縮(たかしまちぢみ)
高島市で織られるシボの強い織物


○京都府

京友禅(きょうゆうぜん)
日本三大友禅のひとつ、宮崎友禅斎によって考案された染色

京鹿の子絞(きょうかのこしぼり)
疋田絞(ひったしぼり)、一目絞(ひとめしぼり)とも言われる
$子どもへ伝える大切なもの











西陣織(にしじんおり)
応仁の乱時に西軍が本陣を置いた地域に発展
詳しくは: 西陣織と時をかける物語

丹後縮緬(たんごちりめん)
丹後半島の崎山が本場

藤布(ふじふ)
藤の木の皮から繊維の布


○大阪府

堺段通(さかいだんつう)
堺付近で生産される

河内木綿(かわうちもめん)
八尾を中心とする河内地方で生産される


○兵庫県

丹波布(たんばぬの)
手紡ぎの絹と木綿を交織にした平織の手織り布

丹波木綿(たんばもめん)
丹波市で生産される、木綿平織の縞織物

明石縮(あかしちぢみ)
経糸に生糸、緯糸に強撚糸の絹織物、現在では十日町市で生産


○奈良県

笠間藍染(かさまあいぞめ)
県指定伝統的工芸品、県内ではわずか一軒に

奈良上布(ならじょうふ)
麻の織物、現在生産しているかは不明


○和歌山県

紀州ネル(きしゅうねる)
紀州の瀬戸重助が作り始めた、起毛した綿織物


中国地方


○鳥取県

弓浜絣(ゆみはまがすり)
弓ヶ浜半島で生産されている絣、現在では貴重

倉吉絣(くらよしかすり)
倉吉市で生産される精巧な絵絣、保存会もある

因州木綿(いんしゅうもめん)
鳥取県東部で生産される綿織物


○島根県

広瀬絣(ひろせがすり)
安来市広瀬で製造されている絣、山陰の三絵絣のひとつ

出雲裂織(いずもさきおり)
経糸には麻糸や木綿糸を、緯糸には古布を用いた再生織物
$子どもへ伝える大切なもの










○岡山県

作州絣(さくしゅうかすり)
厚手の手織り織物



○広島県

備後絣(びんごかすり)
福山市で生産される綿織物


○山口県

岩国縮(いわくにちぢみ)
岩国市付近で織られる木綿縮


四国地方


○徳島県

阿波しじら織(あわしじらおり)
独特の凹凸がある織物、藍染が主流

阿波藍染(あわあいぞめ)
吉野川流域で栽培される良質の藍を用いた染色

○香川県

保多織(ほたおり)
3回平織りで打ち込んで、4本目を浮かせる織物


○愛媛県

狩江縞(かりえじま)
狩江村一帯で、農漁村の婦人の手間仕事として織られた織物

五反田縞(ごたんだじま)
八幡浜市で、農漁村の婦人の手間仕事として織られた織物


伊予絣(いよかすり)
松山市で製造されている絣、国の登録有形文化財


○高知県

土佐地織縞(とさじおりしま)
香美郡で織られる綿織物
$子どもへ伝える大切なもの











九州地方


○福岡県

久留米絣(くるめかすり)
重要無形文化財、久留米絣は十字模様の綿織物
詳しくは:久留米絣(くるめがすり)と道しるべ

博多織(はかたおり)
福岡市で織られる絹織物、経錦
詳しくは:博多織と愛


○佐賀県

佐賀錦(さがにしき)
箔糸を経糸とし、絹糸を緯糸にするのが特徴の織物

佐志葛布(さしくずふ)
葛の繊維を紡いだ糸からつくられる織物

○長崎県

長崎染(ながさきぞめ)
柄の部分を伏せて染め出す技法、400年の歴史がある

島原木綿(しまばらもめん)
一度廃れたが、保存会が復活させている
$子どもへ伝える大切なもの







○熊本県

肥後木綿(ひごもめん)
熊本県川尻町で作られる肥後絣

天草更紗(あまくささらさ)
渡市に伝わる、異国情緒豊かな古典調の更紗染


○大分県

日代木綿(ひじろもめん)

豊後絞(ぶんごしぼり)
三浦絞、別府絞と同じ技法の絞、近年復興された

○宮崎県

綾の手紬(あやのてつむぎ)
綾町で生産される真綿を植物染料で染め、手織で織った絹織物

薩摩絣(さつまがすり)
大島紬と同じ技法により、精緻を極める主に綿織物

○鹿児島県

本場大島紬(おおしまつむぎ)
絹糸を泥染めしたものを手織りした平織りの絹布
詳しくは:大島紬の「おはなし」

さつま結城(さつまゆうき)
結城紬に似た風合いからそう呼ばれるようになった絹織物

○沖縄県

芭蕉布(ばしょうふ)
イトバショウの繊維を使って織られた布、国の重要無形文化財

八重山上布(やえやまじょうふ)
緯糸は手紡ぎの苧麻(ちょま)で織られた植物染料の織物

ミンサー織(みんさー織)
たて畝織り、厚みがあって素朴な風合いの綿織物

宮古上布(みやこじょうふ)
宮古島で生産される麻織物、国の重要無形文化財

琉球絣(りゅうきゅうかすり)
流水・井桁・つばめ柄が特徴

読谷山花織(よみたんざんはなおり)
細やかな花模様を色糸で浮いたのが特徴、ブータン渡来とも

首里織(しゅりおり)
紋織から絣に至るまで多彩に織られるのが特徴

琉球紅型(りゅうきゅうびんがた)
顔料、植物染料を用いて型染めする沖縄の染物
国の伝統的工芸品
$子どもへ伝える大切なもの








花倉織(はなくらおり)
王家、貴族専用とされた織物

久米島紬(くめじまつむぎ)
久米島で織られる絹織物、国の重要無形文化財

与那国織(よなぐにおり)
500年の歴史を持ち、小花のように可憐な紋が特徴




今回ご紹介させて頂いたのは、ほんの一部です。
日本各地でその風土に応じた特色のある織物。

先祖代々受け継がれてきた、知恵の結集です。


安価な外国製や日本人のライフスタイルの変化により
ほとんどの産地で産業の衰退、後継者不足が問題になっています。





「絶やさぬよう、未来に残そう!!」と思った方は、
クリック応援お願いします↓

見て頂ける方が増えます。


人気ブログランキングへ


宜しければこちらも↓
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ





日本の森を守ろう。1日1クリックしよう。











スポンサーサイト

幻の染め「黄櫨染」と日本人 (再掲)


色には昔からランクがあります。


とくに紫色は古来から高貴な色とされてきました。
聖徳太子が定めた冠位十二階制定で濃紫色が一番高貴な色と定められてからです。

紫色の染色には主に植物の「ムラサキ」が使われていました。
この「ムラサキ」は育てるのが非常に難しいことから、
濃い紫色というのは、大変貴重だったと考えられます。

ちなみにムラサキの由来は、
がっていている」からきているそうです。

昔は庶民が着ることができなかった紫色ですので、現在でも着物の紫色は
尊ばれています。

紫色は世界的に高貴な色とされています。
世界の王族がこぞってお召しになったとされています。



しかし、嵯峨天皇の時代に日本だけ突如、最高位の色が変ります。
それは一般人には知られてこなかった幻の色です。
天皇と側近しか知らなかった染め色です。

それは、まるで太陽のような紅い色です。

黄櫨染(こうろぜん)という染めです。

これは、太陽の光に当たると真っ赤な色に変わるという不思議な染めです。
染料は黄櫨という木から取れます。

後ろから白熱光を当てたところ
$子どもへ伝えるもの
太陽が浮かび上がります!!



↓同じ反物です
$子どもへ伝えるもの
黄櫨染のきものは、現在では復元されて商品化されていますので、
手に入れる事ができます。
お好きな方はどうぞおひとつ(^-^)/

1200年前、世界の最高位の色は紫色でした。

その時、日本の最高位は太陽の色でした。



「日いづる国」「日出処」「日ノ本」などたくさん呼び名があるように
日本人は古来から太陽信仰をしてきました。

そのなごりが
「お天道さま」「お日さま」冬至の「ゆず湯」などです。

そして天照大神は太陽神です。
それは皇室の祖神です。

黄櫨染が天皇の第一礼装になった理由がここにあります。



日本の国旗です。
太陽をモチーフにしたシンプルなデザインは、
どんな国旗より美しいです。

子どもへ伝えるもの


国旗を調べてみると
星や月のモチーフの国旗はたくさんあるのですが、
太陽のモチーフの国旗は意外と少ないんです。
というか白人の国で太陽をモチーフにした国旗はひとつもありません。


国旗はみんなのマークでもあります。
残念ながら、このみんなのマークを切り刻む政党が、日本にあります。
残念ながら、このみんなのマークを公務員でありながら、反対する学校の先生がいます。

はるか昔から、太陽と日本人は切っても切れない存在であることを忘れているような気がします。

我々の世代で失くしてはならないもの、それは「お天道さまに顔を向けて生きる心」ではないでしょうか、僕はそう思います。





「日出ずる国に生まれて感謝!!」
と思う方はクリック応援お願いします↓

見て頂ける方が増えます。
人気ブログランキングへ



宜しければこちらも↓
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ





日本の森を守ろう。1日1クリックしよう。






プロフィール

ヨシツネ

Author:ヨシツネ
アメブロ

「子どもへ伝える大切なもの」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア

政治 ブログランキングへ 宜しければクリックお願いします↑
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR