母から娘へ 桐(きり)のおはなし(再掲)

本日は家紋のおはなしです。

家紋はそれぞれの家を表すものですので、ほとんどの家に家紋はあります。
知らない方は、お墓などで確認すると早いです。

代表的なポピュラーな紋に五三桐(ごさんのきり)があります。
かなりのお家で使われています。

子どもへ伝えるもの

花序につく花の数が3-5-3の五三桐





レンタルの留袖などに入っている紋もほとんど「五三桐」です。
ですから新しく作る着物に
家紋が元々、五三桐でしたら良いですが、
「とりあえず五三桐の紋を入れて」というのは、非常にもったいない話です。
それは、せっかく作ったのに、
「わ」ナンバーの車を乗っているようなものです(笑)



しかし、それくらい庶民に根付いた五三桐。
紐解くと、日本人にとって桐は非常に縁のある植物であることが分かります。


桐は神話の瑞鳥である鳳凰(ほうおう)子どもへ伝えるもの
とゆかりがあり,
鳳凰は金閣寺の屋上や
新1万円札にも描かれています。

子どもへ伝えるもの
鳳凰は
鳳(ほう)がオスで
凰(おう)がメスです。
二羽ではじめて、鳳凰になります。

桐と縁が深いのは鳳凰が
桐の木の住み 

竹の実をついばみ

五色の羽をもち 

五音の音色で鳴く


といわれ桐は神聖な木として扱われてきました。


桐はご存知のように
火にとても強い木材です。
ですから、桐箪笥はすごく重宝されてきました。

なんと高温多湿の夏は膨張して、湿気の進入を防ぎます。
乾燥した季節になると収縮し、風を通します。

しかも火事になっても表面だけ焦げて、燃え尽きません。
そして中身を守ります。
四季のある日本の風土に合った木材なんですね。




その昔、娘が生まれると庭に桐の木を植えたそうです。
そして娘が嫁入りの時に、成長した桐の木を切り
たんすにして嫁入り道具にしました。


桐は火に強いことから「火ぶせの木」といわれています。

「火に強い」「災難に強い」

「よく成長する木」「生命力の象徴」として
娘の無病息災、不老長寿を願った親心がみえます。



着物の文様でも「桐竹鳳凰文」というのがあります。
送る娘への愛のメッセージが詰まっていますし、
何処に出しても恥ずかしくない文様ですので、今でも母親に人気です。


当然、皇室でも菊の御紋に次ぐ
位の高いのが五七桐(ごしちのきり)紋です。
嵯峨天皇の時代から天皇の衣類に使われてきました。
以前の記事でも嵯峨天皇でしたね、不思議です!!


足利尊氏や豊臣秀吉なども天皇から賜り使用していました。
したがって五七桐は「政権担当者の紋章」として認識されるようになりました。


現在も総理大臣の演台や官邸の備品には使われています。
$子どもへ伝えるもの

皇室や日本政府を表す紋となっています。


鳳凰は
良政が施されているときに出現し、その際には一切の風や音は止み、
静寂とともに、その五音の声が鳴り響くとされている。






現在の日本に再び鳳凰が現れてくれるでしょうか?





それはたった一つである日本で

日本人の手によって政治を取り戻し

おじいちゃん、おばあちゃん達への言われのない汚名が晴らされ

正しい歴史と文化と誇りを

そして、子ども達の笑顔を取り戻した時

五色の羽を僕らの前に見せてくれるかも

しれませんね


そんなふうに僕は思います





「鳳凰が住む国、にっぽん!!」
と思った方は、クリック応援お願いします↓

見て頂ける方が増えます。




人気ブログランキングへ




宜しければこちらも↓
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ





日本の森を守ろう。1日1クリックしよう。

スポンサーサイト

ひな人形の飾り方(再掲)

              
ビックひな祭りにビックリ(千葉県勝浦)
$子どもへ伝える大切なもの

3日3日は桃の節句です。いわゆるひな祭です。
桃の節句は5節句のひとつで上巳(じょうし)です。
五節句は人日、上巳、端午、七夕、重陽です。


ひな祭りの起源は、春の訪れに
野のカミ、山のカミ、水のカミに感謝する行事
宮中で天皇の御所を模した御殿や飾り付けで遊んだ平安時代の「雛あそび」とが合わさった行事とされています。


また江戸時代には庶民に浸透し紙の人形を川に流して穢れを祓う「流し雛」と呼ばれる祭祀に発展しました。


お内裏(だいり)様の内裏とは、天皇の住まう御所を指します。


という事はお内裏様というのは天皇、皇后を模した人形という事になります。




ひな壇には、桃の花や白酒、草もち、果物など飾りますが、
それも昔村人が集まって春の感謝の気持ちを野山へ出てカミにお供えし、そして春の訪れのお祝いの宴をしていた名残です。



またひな人形は早く片付けないと「嫁に行きそびれる」と縁起を担ぎました。
だから、雛人形は早い時期から出しておいて、
その日のうちに片付けなければなりません。




ひな祭りは
それは「娘が無事に育った事を感謝する」意味合いと
「これから健やかに成長し、早く良縁に恵まれますように」という親の願いが込められた行事です。








ひな人形の飾り方は関東(江戸)と関西(京都)では違います。
最近では江戸のスタイルが多いようですが




一般的には
1段目内裏雛向かって左が男雛、右に女雛(京都は逆になります)

2段目三人官女向かって左から提子(ひさげ)、三方、長柄銚子(間には高杯)

3段目五人囃子向かって左から太鼓、大鼓(おおつづみ)、子鼓、笛、謡(うたい)

4段目随身向かって左が右大臣、右に左大臣(間には菱餅など)

5段目仕丁向かって左から台傘、沓台、立傘 (熊手、塵取、箒の場合も)
        向かって左端に右近の橘、右端に左近の桜

6段目~雛道具箪笥、長持、鏡台、駕籠、重箱など(京都は公家、江戸は武家の嫁入り道具)






ひな祭りを行うことで、自然に感謝する事を子どもに教え、

家族の絆を深めることが出来ます

立派なモノでなくてよいのです

女の子のいる家庭では、家族でひな祭りを行い

子どもの健やかな成長を祈りましょう

きっとお子さんはそんな親の想いを理解する日がくる事でしょう

それはお子さんの心を育むことに繋がりましょう







1日1回、応援クリックお願いします↓
いつもありがとうございます。励みになります!

                      
人気ブログランキングへ


もし宜しければコチラも
にほんブログ村 政治ブログへ




あたりまえって、むずかしい


プロフィール

ヨシツネ

Author:ヨシツネ
アメブロ

「子どもへ伝える大切なもの」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア

政治 ブログランキングへ 宜しければクリックお願いします↑