サムライ魂 モーニング


男は現在でも戦(いくさ)をしているサムライだ。
平成の世であっても戦は続く。



朝の光景

駅を降りてからビジネス街まで
はビジネスマンは一斉に歩き出す。

ビジネス街に学生も主婦もいない、イヌの散歩をしているお爺ちゃんもい
ない。

だからみんな一斉に同じ方向に歩く。
しかも都会は恐ろしい人数で、同じ方向に歩く。

異様な光景である。
立ち止まったり、方向転換する余裕も無い。

しかし、ここにもサムライがいるのである。
みんな同じスピードで歩かないといけない状況なのに、
むちゃくちゃ歩くスピードが早いサムライがいる。

なんと人混みをぬって歩いているではないか。
人混みをぬって歩けないほど、ぎっしり人が詰まっているところを
いとも簡単に「スッ」と前に行く。

人と人の隙間が僅かでもスペースが空くのを見計らって
そして、スペース空いたら斜め前に「スッ」と入る!

あの「スッ」はむちゃくちゃ早い!
切り込みに行くような、「スッ」とした1歩目。
誰も気づかないくらい、早さだ。

もっと上級者になると「スッ」と「スッ」の感覚が物凄く短い。

もうこれは「斜めにジグザグ」に歩いているように見える。
異様な光景に目を奪われる・・・「何っ!」

ぎっしりの人混みで、人にぶつからずに
「スッ」「スッ」「スッ」「スッ」である。

あの歳で、あの動き。
これはもう芸術としか言いようがない。
下手な芸術家よりセンスがある。

斜めにに歩いたら、普通に歩くより3倍くらい余計に歩か
ないといけない。

すごいダイエット方法!?
「いやっ、腹は出てるぞ!」

朝からあの動き、あの歩く距離。
あのサムライは会社に着くまで、息絶えてしまうのでは無いかと心配する。



「そんなに急いでるなら、早く起きればいいじゃん」



いや

彼らは、実は急いでいないはずだ。

人ごみを歩くと自然と前に出たくなるのだ。

我慢出来ないのだ。

気分的に「スッ」としたいのだ。






絶対負けられない戦いが、そこにある  サムライJAPAN・・・





1日1回、応援クリックお願いします↓

                     人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

サムライ魂 in銭湯

サムライエッセイ

男は現在でも戦(いくさ)をしているサムライだ。
平成の世であっても戦は続く。

ついこの前スーパー銭湯に行ってきた。
サムライはサウナが大好きだ。

男の戦いはサウナの中でも熾烈だ。
サウナは我慢が勝負だ。
「あいつは根性が無い」とレッテルを貼られると生きていけない。

だから自分より、先に入ったサムライより先に外に出るわけにはいかない。
「あいつ後から入って来て先に出るとは根性無しだ。」
と思われる。

先に入ったサムライもそうそう簡単に外に出ない。

自分の番が来てすぐ外に出たら
「あいつは我慢の限界だったんだな」と思われかねない。
それはサムライとして絶対避けなければならない。
だからやせ我慢をして、すぐには出ない。

サウナにいる人数が多い時は大変だ。
みんなやせ我慢するから、時間がかかって仕方ない。
気絶寸前になる。

だからと言ってやせ我慢を見破られると、もっと恥ずかしい。
「ふ~っっ」なんか言ってしまったら

それこそ「おいおい、我慢してんだろ~?」的な空気が流れる。
それはサムライとしては絶対避けなければならない。

だから瀕死の状態でも平静を装う。
「俺、ぜんぜん暑くなんてないぜ、今日は涼しいなぁ」という
余裕の表情でやせ我慢する。

演技力が試される戦いだ。
下手な俳優より、演技力のあるオヤジをたくさん見てきた。

じっと動かず、ソワソワなんて禁止だ。
でも目玉ぐらい動かす。
目玉はソワソワしていても気づかれない。

目玉だけで時計をチラチラ、周りのサムライが早く出ないかチラチラ。

たまに目玉だけで周りのサムライをうかがっていると、目が合ってしまう。
もちろん奴も目玉だけでこっちを見ている。

「おまえもやっぱりそうか・・」
「そう言うおまえもそうだろう・・」

無言の男のキャッチボールだ。

だからと言ってすぐには出ない。
バレたからと言って、順番を抜かして先に出るなんて卑怯者だ。



そうやって我々はやせ我慢する。
体は絶対やせないくせに・・・



絶対負けられない戦いが、そこにある  サムライJAPAN・・・



1日1回、応援クリックお願いします↓
                    人気ブログランキングへ








プロフィール

ヨシツネ

Author:ヨシツネ
アメブロ

「子どもへ伝える大切なもの」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア

政治 ブログランキングへ 宜しければクリックお願いします↑
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR