日出ずる東方の千年柿


$子どもへ伝える大切なもの


みなさん秋と聞いて、何を想像されますか。
紅葉、秋の味覚、読書の秋などなど・・・

秋の味覚の代表格はやっぱり「柿」です。

日本の農家の家には、必ずといってよいほど
庭に柿が植えられています。

秋ともなると色づいた柿は、見事で
僕も子供ながらワクワクしたのを覚えています。

柿は現在ではあまり人気が無く、どんどん生産量が落ちていっているそうです。

考えてみれば子供の頃のように、大人になってあまり柿を口にしなくなりました。
たまに食べるとおいしいのですがね。
柿はビタミンが豊富で、「柿が豊作の年は、医者いらず」と言われるほどです。

日本人と柿の歴史は古く、弥生時代の遺跡から炭化した柿の種が出土しています。
食用だけでなく、果汁を発酵させた「柿渋」を生活の様々の場面で利用してきました。

本日は柿渋パワーをご紹介したいと思います。



①染料に使う

$子どもへ伝える大切なもの柿渋には防虫効果があり、染め上がりは布の強度を高める効果もあります。
山伏の着る法衣も柿渋染であったそうです。
柿渋染めの着物は現在でもありますが、
それはそれはカッコイイものです。
また、バックや洋服なども染めたものがあります。



$子どもへ伝える大切なものちなみに歌舞伎の幕(定式幕)の茶色の部分は、
実は柿渋で染められていました。
柿渋と弁柄を使い染められた色は『団十郎茶』とも言われ、
市川団十郎と市川家のシンボルカラーになっています。







②漁に使う

釣り糸や投網を柿渋で染めると耐久力が上がることから、利用されていきました。
また、網裁きが良くなります。
防水効果もあり、舟にも塗っていました。



③和紙に塗る

これも強度を増すことから、和傘などに塗られていました。


$子どもへ伝える大切なもの型紙

染め物に使う伝統工芸の型紙は、何回もハケで染めますので強度を保つ為に使われました。
また和紙の繊維の穴をふさぎ、紙の伸縮を止める効果があります。


④薬として使用

やけどや中風の薬やマムシの毒消しに使われてきました。


⑤日本酒の製造過程で使う

もろみを絞る酒袋は、柿渋で染めた木綿の袋です。
もちろんここでも耐久力が増すからです。

また清酒のたんぱく質を沈殿させ除去する働きもあります。
透き通った清酒は柿渋のおかげなのです。
この濾過方法は現在でも使用しています。



こう見ると柿の凄さがご理解して頂けると思いますし、
日本人と密接に関係してきた"柿"には、日本人の知恵が詰まっている事が分かります。




里古りて柿の木持たぬ家もなし 松尾芭蕉


柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺    正岡子規





この国がまだ「扶桑」と呼ばれていた頃

一人の日本人が大陸に渡りました

その名は「徳治」

彼は南京、四川、北京の有名な寺院の住持を勤めるほどまで出世しました

北京のあるお寺には、彼を称える仏塔がそびえ

その横には立派な柿の木が植えられています

それは信州長野ではよくある柿の木

この木は約千年も生きているのだ

地元の人に忘れさられ

日本人でさえ忘れさられた主人を慕って

気が遠くなるほどの歳月を

生きてきたのだ

そして

今年も立派な実を異国の地で実らせるのであろう







「今年は、より柿を食べよう!!」と思った方は、クリック応援お願いします↓
見て頂ける方が増えます。
人気ブログランキングへ


宜しければこちらも↓
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ





日本の森を守ろう。1日1クリックしよう。






スポンサーサイト

うんざりの今日この頃



お久しぶりです。
秋も深まって参りましたね。

なかなかブログに集中出来ない中、
いつもご訪問頂きありがとうございます。
不義理をお許し下さい。

移動時間などで皆様のブログにもお邪魔させて頂いています。
僕は元々、ブログは「見る側」ですので、記事を読むのは大好きです。

特に読み応えのある、心の通った文章や文章構成が素晴らしい記事には、
つい目を通してしまいます。
「何故、あんな文章が書けるのだろう」と感服すると共に
自分の不甲斐無さを痛感します。

僕はブログを読んだり、読書する時には注意している事があります。
人はどうしても自分と考えが近いモノ、
共感できるモノを選んでしまいます。

例えば本を購入する時、ブログのタイトルを見た時、
知らず知らずに自分が安心できるモノを選択してしまっています。

しかしそれでは思考が偏ったり、正常な判断が出来なくなったり、
もしかしたら勉強できたかもしれないチャンスを逃しているやしれません。

ですから、自分と意見の違うモノも手にするようにしています。
壁に投げつけたくなるような腹が立つ主張の本でも読むようにしています。

やはりそこには、必ず発見があります。

自分が完璧であるなんて、あるはずもない
一人の人間なんて、ちっぽけなものです。

100人いれば100通りの考えがあり、
自分と全く一緒なんて、ありえないはずです。

違うから楽しいのであり、違うから人は成長するのではないか
違う事を拒否(排除)するなんて、余りにももったいない。

自分にすべてマッチする政党なんて、あるわけ無い
自分にすべてマッチする政治家なんて、現れるはずが無い
それを実現しようと思うなら、自分が政治家になるしかない。

まるで白馬に乗ったハンサムな王子様が、
自分の前に現れる事を夢見て
現実から逃避し続ける、夢見る少女みたいなものだ。


ベストよりベターを狙う

ベターを積み重ねてことでベストに近づいていく     (アロヨ大統領)


理想は持つべきだ。理想は見失うべきでない。
しかし、同時に現実も見るべきだ。
物事には順序がある。
それを一つ一つ、したたかな心でクリアーしていくしかないのです。


日本は問題が山積みである。
右も左も理想ばかりで、うんざりしている人も多いでしょう。


優先順位は、何だ

理想とは遠くとも、今は何をチョイスするのだ

それは

必ずやあなたのベストに近づくのだ




クリック応援お願いします↓
見て頂ける方が増えます。
人気ブログランキングへ


宜しければこちらも↓
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ





日本の森を守ろう。1日1クリックしよう。





プロフィール

ヨシツネ

Author:ヨシツネ
アメブロ

「子どもへ伝える大切なもの」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア

政治 ブログランキングへ 宜しければクリックお願いします↑
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR