ひな人形の飾り方(再掲)

              
ビックひな祭りにビックリ(千葉県勝浦)
$子どもへ伝える大切なもの

3日3日は桃の節句です。いわゆるひな祭です。
桃の節句は5節句のひとつで上巳(じょうし)です。
五節句は人日、上巳、端午、七夕、重陽です。


ひな祭りの起源は、春の訪れに
野のカミ、山のカミ、水のカミに感謝する行事
宮中で天皇の御所を模した御殿や飾り付けで遊んだ平安時代の「雛あそび」とが合わさった行事とされています。


また江戸時代には庶民に浸透し紙の人形を川に流して穢れを祓う「流し雛」と呼ばれる祭祀に発展しました。


お内裏(だいり)様の内裏とは、天皇の住まう御所を指します。


という事はお内裏様というのは天皇、皇后を模した人形という事になります。




ひな壇には、桃の花や白酒、草もち、果物など飾りますが、
それも昔村人が集まって春の感謝の気持ちを野山へ出てカミにお供えし、そして春の訪れのお祝いの宴をしていた名残です。



またひな人形は早く片付けないと「嫁に行きそびれる」と縁起を担ぎました。
だから、雛人形は早い時期から出しておいて、
その日のうちに片付けなければなりません。




ひな祭りは
それは「娘が無事に育った事を感謝する」意味合いと
「これから健やかに成長し、早く良縁に恵まれますように」という親の願いが込められた行事です。








ひな人形の飾り方は関東(江戸)と関西(京都)では違います。
最近では江戸のスタイルが多いようですが




一般的には
1段目内裏雛向かって左が男雛、右に女雛(京都は逆になります)

2段目三人官女向かって左から提子(ひさげ)、三方、長柄銚子(間には高杯)

3段目五人囃子向かって左から太鼓、大鼓(おおつづみ)、子鼓、笛、謡(うたい)

4段目随身向かって左が右大臣、右に左大臣(間には菱餅など)

5段目仕丁向かって左から台傘、沓台、立傘 (熊手、塵取、箒の場合も)
        向かって左端に右近の橘、右端に左近の桜

6段目~雛道具箪笥、長持、鏡台、駕籠、重箱など(京都は公家、江戸は武家の嫁入り道具)






ひな祭りを行うことで、自然に感謝する事を子どもに教え、

家族の絆を深めることが出来ます

立派なモノでなくてよいのです

女の子のいる家庭では、家族でひな祭りを行い

子どもの健やかな成長を祈りましょう

きっとお子さんはそんな親の想いを理解する日がくる事でしょう

それはお子さんの心を育むことに繋がりましょう







1日1回、応援クリックお願いします↓
いつもありがとうございます。励みになります!

                      
人気ブログランキングへ


もし宜しければコチラも
にほんブログ村 政治ブログへ




あたりまえって、むずかしい


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. 無題


私も
中学まで飾りましたな…ひな人形。
最近は出す暇もなく…大丈夫かしら(>_<)


勝浦でこんな一大イベントをやっているんですか!
近くだから
身にいってみたいです…( ..)φ



2. 段飾り


最近はデパートでも扱っていないようです。
驚きました。

確かに我が家の7段飾りは、飾るのも大変で、
毎年は出せないでいます。
でも、娘と一緒に日本の伝統に思いを馳せながら飾る時間は
とても貴重なものでした。

3. こんにちは


>笑門福来さん
コメントありがとうございます。

そうですか、最近は出していないのですね。
寂しがっているかもしれませんよ(笑)

笑門福来さんは千葉なんですか?
お近くなら是非行ってみて下さい。

私は関西なので見に行きたいですけど、さすがにね・・・という感じです。

いつもありがとうございます。

4. こんにちは


>国語の先生さん
コメントありがとうございます。

>最近はデパートでも扱っていないようです。

そんな事もあるんですか?
いや~寂しいというか、驚きです。
高価なのは今も昔も変わりませんので、やはり価値観の変化なのでしょうか。

お嬢様と一緒に飾る思い出。

雛人形が素晴らしいのはもちろんですが、周りがわざわざ準備をしてくれた事は、お子様にとってとても温かい思い出になると思います。

5. こんにちは♪


ひな祭りの日に良い記事を読ませていただきありがとうございます。
知らないことは多いし、なかなか覚えられないし(笑)、こうして紹介していただくととても参考になります。

息子しかいない家庭でのひな祭りをどんな名目で祝おうと思ってましたが、私を健やかに育ててくれて無事嫁がせてくれた両親に感謝する日にしたいと思います。
伝統的な行事をお祝いすることは日本をよく知ることにもなりますし、家族の絆を深めますね。心の豊かさにもつながりますね。

6. こんにちは♪


>ととさん
コメントありがとうございます。

>知らないことは多いし、なかなか覚えられないし(笑)

私も一緒ですよ(笑)なかなかです・・・自分の記憶力の無さにショックを受けます。

>両親に感謝する日にしたいと思います。

ととさん、素晴らしいですね☆ご両親があっての話ですからね。また記事で書く予定ですが、誕生日なども祝ってもらうばかりの日ではなくて、両親や生きている事に感謝する日にしてほしいです。感謝の心を育む日、他人を大事にできる日でもあります。

>伝統的な行事をお祝いすることは日本をよく知ることにもなりますし、家族の絆を深めますね。心の豊かさにもつながりますね。

ととさん、私の述べたい事は全部ととさんの仰る通りです。私の言う事が無くなりましたね(笑)

煩わしいと感じる行事や行為こそ真の幸福へ繋がり、それは2000年の歴史が生み出した日本人の智恵ですから、大事にしたいですね。
プロフィール

ヨシツネ

Author:ヨシツネ
アメブロ

「子どもへ伝える大切なもの」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア

政治 ブログランキングへ 宜しければクリックお願いします↑
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR